畳は芯の部分にあたる畳床と表面に見える畳表を重ねたものに、
畳縁を縫い上げてできています。


 …基本的にはわらを原料とし、そのわらを縦横に並べて糸締めをして作られます。以前はわらだけで作られていましたが、さまざまな社会環境の変化や新しい建築仕様に対応するため、フォームポリスチレンやインシュレーションボードが使われるようになり、わら床の生産は減少傾向にあります。


稲わら畳床
 昔ながらの、ワラを何層にも重ね合わせたもので、ワラの室・層の多さ・縫目の間隔等で品質が決まる。
 ワラは縦横交互に3〜5層に配列され、3万本以上使用される。約40cm積んだワラを約5cmの厚さまで圧縮して作られるため、畳ならではの感触や味わい、吸放湿性・耐久性・復元力という点では一番優れている。

稲わらサンドイッチ畳床
 稲わらの間にポリスチレンフォーム・インシュレーションボード等を挟み込んだもの。稲わら畳床と建材畳床の中間品と言えます。
 稲わら畳床の特色を持ちながら軽量で、保湿性に優れています。稲わら畳床に比べて軽くダニが寄生しにくいのが特徴です。。また感触が稲わら畳床によく似ています。

建材畳床
稲わらを一切使用しないポリスチレンフォームや細かいチップを圧縮したインシュレーションボード板を組み合わせ縫い込んだものです。
 軽量で低コスト、主に高層のマンション、アパート等に使用されています。断熱性に優れ軽く、水を吸収しない、工業製品なので品質が安定している、軽い、ダニが寄生しにくいことなどが特徴です。



畳 表 …主原料のい草を横糸に、麻糸を縦糸としておられたものであり、い草の種類によっていくつかの等級に分けられます。最近ではわらやい草の変わりに化学製品やパルプを用いたものも商品化されています。


天然い草畳表※各種畳表詳細
 い草の長さは100cmから150cm。もっと短いい草を使った畳表もあるが、100cm以下では使用できない。一般的には、長いい草をつかったものほど、良い畳表となる。真ん中の部分は太さが均一で色もよく、ここが長いとそれだけ美しい畳表ができる。
※各種畳表詳細

新素材畳表
素材が天然素材とプラスチックの複合素材なので、変色もほとんどなく、湿気には特に強くカピやダニの発生もほとんどありません。旅館やお風呂周辺や宴会場などに最適です。



畳 縁 …畳表と畳床を包み込むことによって畳を保護します。化学繊維、綿、麻、絹などの素材でできており、無地のものと柄を折り込んだタイプがあります。畳縁によって部屋の雰囲気が大きく変わります。最近の洋風化したインテリアにマッチするように様々な色やデザインがあり、好みや用途によって選べます。


黒無地縁 柄模様縁 柄模様縁
柄模様縁 紋模様縁 繧繝模様縁



その他の畳
縁無し畳
 部屋全体に敷き詰めても、一部に置いても簡単に和洋調和のセンスが光ります。
置き畳
 お部屋一部に畳を置くことで洋間を一時的に又は一部分を和の世界に導きます。

カラー表 …い草をさまざまな色に染めて織った畳表です。特殊技術によりい草の芯の部分を染めているので色あせが遅く、自然のカラーリングを長期間楽しめます。




トップへ

Copyright2002金沢畳事業協同組合  All Rights Reserved.

畳 床