畳のリフレッシュには「裏返し」と「表替え」「新畳」の方法があります。

新畳をいれてから2〜3年目頃畳が日焼けしたり、傷み始めたら畳表を裏返しにして張り替える作業です。
※畳表の傷み具合が進みますと裏返しが出来ない場合があります。
裏返しわした畳表が傷んできたら畳表をそのまま生かし新しい畳表に取り替える作業です。3〜5年目頃が適当と考えます。
裏返しや表替えの場合には畳縁も新しく取り替えます。
畳床も含めて全体を新品に取り替えることです。取り替える目安は適度な弾力性が無くなったり、凹凸が激しくなったり、大きな隙間が出来たら、畳替えをしてください。



畳表が衣服に着きませんか?
畳にへこみがありませんか?
畳表が破れたり、焦げたりしていませんか?
畳と畳のすき間はどうですか?
畳表の色が濃い茶色になっていませんか?
畳表に水や灯油などのシミはみえますか?
畳がしめっぽく、カビ臭くないですか?
上記項目に思い当たる畳は、畳のリフレッシュが必要かもしれません。
お気軽にご相談下さい。



トップへ

Copyright2002金沢畳事業協同組合 All Rights Reserved.

畳の健康診断・・・お宅の畳はいかがでしようか?